FLOW OFFICIAL SITE

LANGUAGE

FLOW OFFICIAL MEMBER「26ers」

BLOG

2016.02.13

【Staff Blog】#10ツアーオリジナルグッズ実物紹介!!!

Img_9818

いよいよ明日2/14より、FLOW 2年ぶりとなるオリジナルアルバム「#10」を引っ提げた11公演の全国ツアー

FLOW LIVE TOUR 2016「#10」がスタートいたします!

昨日最終リハーサルも終え、チームFLOWは準備万端です!

そんなツアー前日に、既に発表されていますツアーオリジナルグッズの実物を一部ご紹介したいと思います☆

今回もKEIGO氏の一人ファッションショーでお届けします!

*************************************************

◆「#10 ツアーTシャツ」

Whitet

着用サイズはLサイズ

アルバム「#10」のジャケットの色の重なりをイメージしたプリントの中央には”#10”ロゴ! 今回のアルバム、ツアーを象徴するTシャツです。

背中にはもちろんスケジュールが記載されているので、ぜひツアーの記念に一枚☆

◆「NUMBER TEN Tシャツ」

Blackt

着用サイズはMサイズ

こちらはまさにロックなTシャツ!

今回のツアーグッズは、アルバム「#10」がFLOWの様々な面を見せる作品ということで”10面体”が一つのモチーフとなっており、

この「NUMBER TEN Tシャツ」はその10面体がフロント面・背中面、ともに存在感をだしています。

さらにジェルプリントで「FLOW」が背景に! 男性も女性も、よりロックな印象で着ていただける一枚です◎

◆2WAYバッグ

Totbag

FLOW初のアイテム!トートバッグにもリュックサックにもなる2WAYタイプのバッグ!

アルバムのジャケットデザインを生かした全面プリント!色合いがとても印象的です♪

底のマチもしっかりついていて、タオルやお財布、飲み物(500mlのペットボトル)などを入れるのにもちょうどよいサイズ!

FLOW #10の文字を刻印したブラックのタグもポイントに◎

男性、女性問わず使っていただけるアイテムです。

◆#10フルジップパーカー

Parker

KEIGO着用はMサイズ。

背中面には混ざり合う3色の転写プリントと、NUMBER TENの文字がシリコンラバープリントで入っています。

Tシャツの上にさらりと羽織れて、年間通してヘビーユーズしていただけます!

Parker2

右手の袖口には「FLOW」、胸元には「10面体」と「#10」の刺繍が入っています♪

◆FLOW オフィシャルロゴTシャツ

Flowt

今回初の試み!通年グッズとしてお使いいただけるオフィシャルロゴアイテム。

昨今イベントや学祭ライブへの出演も増えてきたFLOW。

ずっと作りたい!と思っていたのを今回ついに実現♪ KEIGOの笑顔もハジケてます。

その時々のツアーに関わらず、「FLOW」のアイテムとして様々なライブでお使いいただきやすい超シンプルなデザイン!

背中の☆5つは、FLOWメンバーが背中を押してくれているようです♪

◆#10フェイスタオル

Img_9846

アルバムのジャケットカラーを再現したタオル!

まさに「#10」ツアーのマストアイテムです!

◆#10リストバンド

Listband

チャコールグレーのタオル生地に、黒と金の刺繍が入っています。

シンプルで一つはもっておきたいアイテム!

ライブ中、拳をあげたら皆でお揃い・・・なんて景色も、会場が一つになって素敵です!!!

*************************************************

ツアーをよりアツく、より楽しむために、今回のオリジナルグッズも大切なアイテム。

販売ブースは混みあいますので、ぜひ先行販売の時間をご利用くださいね!

(その他グッズ一覧&先行販売時間などはコチラをご確認ください。)

それでは皆様、FLOW LIVE TOUR 2016 「#10」の会場でお会いしましょう!!!

2016.02.03

【#10】M10. Good Days ~君を忘れない~

2016.02.03 release 10th Album「#10」

本日ついに発売日!!!

最後のセルフライナーノーツは・・・

 

M10. Good Days ~君を忘れない~ FLOW×NAOTO(ORANGE RANGE) [Arrange & Produce]

Flow_10_a

Kids *コーラス参加してくださったアミューズキッズの皆様

▼KOHSHI‘s self liner notes

寒い冬を越えると別れの季節がやってきます。

その瞬間に気づかされるのです。

別れに涙するほど良い出会いだったと…

くだらないことで笑い合った日々も、スレ違いでぶつかり合った時も

全てGood daysだったと言える仲間が出来たんだと。

そんな旅立つ仲間に贈ったエールがこの曲です。

みんなにもそんな仲間がいると思います。

ふと、その人を思い浮かべながら聴いてもらえると嬉しいです。

KOHSHI

 

▼TAKE ‘s self liner notes

FLOWとORANGE RANGEのNAOTOがコラボという事で

オフザケ楽曲が来ると思った方ももしかしたらいたかもしれませんが

まさかの大真面目なバラードです

記念すべき10枚目のアルバムの最後を飾るに相応しい壮大な楽曲に仕上がりました

しかも7分越えの史上最長の曲です

本人曰く

「80sUKポップス&90年代オルタナ,シューゲーザーな感じです」

もともとdelofamiliaでの活動などでNAOTOがUKサウンドに造形が深い事は知っていたので

今までFLOWのミドルテンポの楽曲に無いサウンドを創るには

この人しかいない!と思い声をかけさせてもらいました

結果思ってた以上のアレンジが上がってきて感動したのを覚えてます

最終的に無理を言って子供のコーラスを入れさせてもらったのも大正解でしたね

各地のLIVE会場であなたと再会を誓い演奏できるのを今から楽しみにしています

TAKE

-----------------------------------------------------------

10th Album「#10」  Now on sale!!!

10_jk_2

2016.02.02

【#10】M9. World Symphony

2016.02.03 release 10th Album「#10」

本日のセルフライナーノーツは・・・

 

M9. World Symphony (NHK WORLD「J-MELO」エンディングテーマ)

FLOW×井上ジョー [Arrange & Produce]

World

▼KEIGO‘s self liner notes

そうかまだ音源化してなかったなと思うほど

LIVEでやってきた曲。

ワールドツアーをやる事が出来た2015年を

表す一曲

世界のみんなと番組、音楽、LIVEを通じて

繋がれて

それを実感できて

完成できた1曲!

こんなにも言語は種類があるけど

僕らは音楽を通じて繋がる事が出来る

それはお互いの心が震えるから

LIVEで実感出来る幸せ

FLOWがFLOWをやり続ける理由

曲のラスト

みんなで歌って繋がれる瞬間

楽しみにしてるよ

ツアーでね☆

KEIGO

▼TAKE ‘s self liner notes

世界中のNHK BS「J-MELO」視聴者と作った

初のWORLD TOURがあったからこそできた曲がいよいよ音源化です

世界各国の挨拶が歌詞に盛り込まれています

ある種2015年のFLOWを総括する楽曲と言っても間違えないでしょう

「僕ら理屈じゃない所できっと言葉以上に通じ合えるはずだよ」

肌で感じ経験したからこそ高らかに歌える曲になったと思います

アレンジはお馴染み井上ジョーくんです

今回「魑魅魍魎」でも間奏の英文語りで参加していただきました

もともとは4つ打ちっぽい原曲だったのを

西海岸よろしくパンクアレンジに着せ替えてくれました

FLOWとしては久しぶりのテイストではありますが

DNAとしてあるタイプの曲なので演奏していて楽しくない訳が無いです

LIVEでももはや定番になりつつある楽曲なので今後の成長が楽しみです

TAKE

2016.02.01

【#10】M8. JOY TO THE WORLD feat. キバオブアキバ

2016.02.03 release 10th Album「#10」

本日のセルフライナーノーツは・・・

 

M8. JOY TO THE WORLD feat. キバオブアキバ  FLOW×キバオブアキバ [Arrange & Produce, Vocal]

Photo

▼GOT’S‘s self liner notes

「JOY TO THE WORLD」はキバオブアキバのみなさんに参加してもらいました!!!

アレンジが上がってきたときはこんなんやっちゃっていいんですか?っていう感じで盛り上がってたんですけど

ドラムパートが大変そうでIWAちゃんが青冷めていたのもいい思い出です。

レコーディングになるとキバオブアキバのメンバーみんな積極的にスタジオに来てくれたりとかしてくれて現場も楽しかった。

おかげで「#10」のなかでも振り切った曲になりました。

GOT’S

 

▼TAKE ‘s self liner notes

現代のSNSの在り方に鋭くメスを入れるヲタイリッシュ・デスホビーメタル

ALBUM「#10」の中で最もぶっ飛んでいる曲と言って間違いないでしょう

1曲づつ振り切った10曲を創るという

アルバム「#10」のテーマを決定づけた一曲でもあります

キバオブアキバとのコラボ

ゲストデスヴォーカルにふとしくん

楽曲アレンジをベースのみつるくん

スタジオでの雰囲気作りドラムスVAVAちゃん

という感じで参加してもらいました

もともと自分が作った原曲をみつるくんにぶっ壊してもらって再構築してもらった曲です

そして何よりこの曲はバンドで1番練習しましたね

とにかくゴリゴリメタルです

2バスドコドコです

IWAちゃんもこの年になってこんなにキックを踏まされるとは思っていなかったでしょう

いくつになっても新しい扉を開ける事ができるという良い例です

歌詞見ながら聴くと爆笑必至なので取り扱い注意です

TAKE

CATEGORY

過去ログはこちら

LANGUAGE

FAN CLUB 26ers LOGIN

@FLOW_OFFICIAL_JAPAN @GOTS_FLOW @KOHSHI_FLOW
@FLOW_official @TAKE_FLOW @KEIGO_official @GOTS_FLOW